スポンサードリンク


食事におからを取り入れましょう

昔から良く食べられているおからの煮物。とてもおいしいですが毎日では飽きてしまいます。 あまりお料理におからを取り入れる人は多くないとおもいますが料理方法によってとてもおいしくバリエーションションも豊かにお料理できるのがおからです。 食材としてももちろんですが低コストなのも嬉しいですよね。副菜としても、もちろんですが主食の変わりに「おから団子」でやせる食事をしてみませんか?

やせる!おから団子の調理方法

おから団子は低カロリーなのに腹持ちが良い!ダイエット成分も豊富です。
材料(約40個分 4食分)
乾燥おからを使う場合
 乾燥おから 40g  だんご粉 100g  片栗粉 10g 水 250〜270mlくらい
生おからを使う場合
 生おから 200g  だんご粉 100g  片栗粉 10g  水50mlくらい
作り方
1.ボールに水以外の材料をすべて入れます。水は分量の約8割ほどを入れ、耳たぶ程度の硬さになるまで残りの水を少しずつ足しながら手でこねる。
2.1個が10〜12gの重さになるようにちぎって丸める。火を通り易くするため上下に少しつぶし平たくにする。
3.セイロや蒸し器にならべ5分蒸す。
(ダイエット成分が水に溶け出すためゆでるより蒸すほうが効果的である。)
※蒸し器がない場合
●耐熱性容器にならべラップをし電子レンジで1分半ほど加熱する。
または・・・
●深いなべに3センチほどの水を入れ、なべ底中央に小鉢をおきます。
 その上に平皿に並べただんごを乗せ、ふたをして5分蒸す。

おから団子でやせる方法

・団子10個を主食のかわりに。物足りなく感じたら15個まで増やしてもOK。
・1日3食のうち1〜2食をおから団子にしましょう。おから団子は1個13キロカロリー。
  10個で130キロカロリー。食物繊維も豊富です。ご飯1膳(160g)は267キロカロリーです。
・一口30回くらい良く噛んで食べましょう。良くかむことは満腹中枢を刺激し食べすぎを防ぎます。
・おからでやせる方法は単品のみを食べてやせる不健康な方法とはちがいます。
 おかずは通常どおり食べ、主食をおから団子に変えるだけです。
 特にビタミンやミネラルを多く含んだ野菜は積極的に摂るほうがいいのです。
 野菜たっぷりのスープにおから団子を入れ食べると栄養価は満点になります。
ダイエット中は水分をたくさん摂るようにします。
 1食あたり500mlほどは必ず摂るようにし、一日2リットル以上飲むのが効果的です。