スポンサードリンク


おからの健康効果

■腸内環境の改善
食物繊維がなぜ便秘解消に役立つのか?単にカサを増やし、自然な排便を促すだけではないのです。おなかの中には善玉菌と悪玉菌の2つに分類される腸内細菌がいます。悪玉菌は増えると毒素を出し、老化や体の不調を誘発します。逆に善玉菌は活性酸素を減少させ免疫力を高めてくれます。腸内環境を良くするということは便秘を解消するだけではなく大腸がんを予防し、さらに美肌効果も期待できます。
食物繊維で腸内環境を整え、やせる体作りを目指しましょう。
■血液を綺麗にする
動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞など生活習慣病はどろどろな血液によってもたらされます。さらさらした血液は血管を詰まらせることなく流れます。
おからに含まれる大豆たんぱく質は血液中の余分なコレステロールを減少させる働きがあります。中でも生活習慣病に深くかかわっている悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしてくれます。
やせるばかりではなく体全体に血液が行き渡り、健康なからだになるのです。
■美肌効果
女性にうれしい美肌効果も期待できます。近年話題になっているイソフラボンを豊富に含んでいるからです。イソフラボンは体の中からだけではなく肌に直接塗ることでシミの原因物質であるメラニン色素の生成を妨げます。これによって色白な肌になるのです。また保湿にも役立ち、昔の人は丸めたおからをガーゼなどでくるみ、お肌に直接つけお手入れをする方法を用いていたそうです。
その成分はわからずとも、経験から美肌効果があるということを知っていたのですね。
■便秘解消
おからから水分を除いた成分の半分以上は食物繊維でできています。100gのおからの中に11.5gもの食物繊維が含まれています。食物繊維の主な働きは便のカサを増やし自然な排便を促すので便秘解消にとても有効です。また腸内細菌の善玉菌を増やすので有害物質を輩出させる働きも知られています。
おなかの宿便がなくなれば、腸内の新陳代謝も活発になり、また、脂肪吸収もすくなるためやせる効果も期待できます。
便秘は痔を引き起こしたり様々なトラブルの元となります。
  痔の悩みはこちらへhttp://xn--gsy.aozola.com/
■やせる方法
食物繊維には水に溶ける水溶性のものと溶けない不溶性のものがあります。
やせるのに有効な食物繊維は胃腸のなかで溶けず水を含んで膨張する不溶性の食物繊維です。おからのなかには不溶性の食物繊維がたくさん含まれています。
水を多量に含み、膨張した食物繊維は便の移動を早め、脂肪吸収を抑制させます。
また女性ホルモンに良く似た働きをもっているため体内で女性ホルモンに変わって体内の老化を防ぎダイエットに効果があるとされています。
ですので、このサイトではおからを食べてやせる方法紹介します。
■更年期障害改善
美肌効果があると紹介した「イソフラボン」は女性ホルモンの「エストロゲン」に良く似た構造をしているため、肌に塗らずに口から摂取することで女性ホルモンに似た働きを体内でします。
閉経後、更年期障害が女性に起こりやすいのはこのエストロゲンが減少することが原因です。おからを食べることでイソフラボンがエストロゲンのように働くため、更年期障害症状を始め、骨粗しょう症や肥満、乳がんなどの予防や改善に一役かってくれるのです。